工作

簡単にできる!手作りお守りの作り方

@saori
記事内に商品プロモーションを含みます

市販のお守りもすてきですが、手作りするのもいいですよね。

手間暇のかかるイメージがありますが、今回は誰でも簡単に作れるレシピです。

縫わずに作れるので、部活や大会に向けた大量生産にも適しています。

手作りのお守り作りで使うもの

今回使う材料は、全て100均でそろえられます。

紐やデコレーションでオリジナリティーを出せば、世界にひとつだけのお守りが完成します。

材料
  • シール付きのはぎれ
  • 両面テープまたはボンド
  • ジッパー付き袋
  • 飾り
  • 刺繍糸
  • 画用紙
  • ハサミ
¥684 (2023/04/03 16:59時点 | Amazon調べ)

簡単にできる!手作りのお守りの作り方

それではさっそく作っていきましょう!

はぎれを切る

まずはジップ付き袋の長さに合わせて、はぎれをカットしていきます。

はぎれの上にジップ付き袋を重ね、型をとっていきましょう。

裏面にマス目があるので、サイズの確認がしやすくなっています。

マス目に沿って切れば歪むこともないので、簡単にカットできるよ!

カットするときには、型よりも一回り大きくカットしてください。

今回は縫わずに貼り付けて固定するので、ジップ付き袋を囲えるサイズにカットする必要があります。

同じサイズのものを2枚用意して、ジップ付き袋に貼り付けていきます。

ジップ付き袋にはぎれを貼り付ける

カットしたはぎれを、ジップ付き袋に貼り付けていきましょう。

余裕をもってカットしているので、神経質にならずにパパっと貼り付けてしまって大丈夫です。

空気が入らないように、片側からゆっくりシールをはがしましょう。

両面貼り付けたら、はみ出した部分をカットして整えます。

紐を編む

紐をつけたい場合には、このタイミングで編んでいきます。

しっかりとした紐を用意してもいいですが、今回は刺繍糸を編んでみました。

カバンや鍵につける可能性も考えて、擦り切れない頑丈な素材を選ぶようにしてください。

手軽に作れるよう三つ編みを選びましたが、時間に余裕のある人は、ミサンガの要領で編み方を工夫してみるのもいいですね。

ミサンガの要領で編むと、手が込んでクオリティーもアップして見えるね!

できあがった紐は、はぎれとジップ付き袋の間に差し込みます。

厚みがあるようなら、隙間に両面テープやボンドを加えて補強しましょう。

¥684 (2023/04/03 16:59時点 | Amazon調べ)

デコレーション

ボンドが乾くのを待つうちに、デコレーションをしていきます。

フェルトやリボンなどを使って好みの飾り付けをしましょう。

「~守り」「~祈願」など、わかりやすい言葉を入れてもいいね。

紐を挟むと凹凸ができますが、上からデコレーションをすると目立ちにくくなります。

願い事を入れる

画用紙をお守りのサイズに合うようカットしたら、中に入れましょう。

願いを書いた紙を一緒に入れるのもいいね。

プレゼント用であれば、本人が書き込めるように白紙を中に入れるのもおすすめです。

受け取り手の望みを反映したお守りになるので、気負わず受け取ってもらえます。

画用紙がなければ、メッセージカードやお菓子箱など、厚みのあるものを代用してください。

手作りのお守りを作る際のコツや注意点

手順は簡単なので、細かなところに配慮して進めましょう。

完成度がぐっと高くなりますよ!

穴あけパンチを使うのもおすすめ

紐を挟むのではなく通したいときには、穴あけパンチを使用するのもおすすめです。

ただ素材が柔らかく変形しやすいので、穴を補強するシールがあるとより安心でしょう。

穴あけ位置はお任せしますが、ジップ下の方がジップ付き袋に若干厚みがあるように感じます。

紐を通すと台紙の出し入れが面倒になるので、最後に通すようにしてくださいね。

細かな処理にはトップコートが便利

はぎれの接着面が気になる場合には、トップコートを薄付けして補強することをおすすめします。

シールなのでケバケバすることはありませんが、耐久性のアップにも一役買います!

ちょっとした手間をかけるだけで見栄えがアップするので、試してみてくださいね。

使用後のハサミを確認

シールの粘着がハサミに付着しているので、刃をそっとふき取ることをおすすめします。

ウェットシートがあれば最適ですが、そばになければティッシュでも構いません。

放置しておくと錆びついてしまうので、都度確認する癖をつけましょう。

ふき取るときには力を抜いて、怪我をしないように注意してください。

簡単にできる!手作りのお守りの作り方のまとめ

今回は糸や針を使わずに作れる簡単お守りを紹介しました!

部活やクラス会での贈り物にも向いています。

小さなジップ付き袋で作ると厚みがないので、財布や手帳に差し込むことも可能です。

手作りは恥ずかしい!という人でも、こっそり忍ばせられます。

柄やデコレーションを工夫して、世界にひとつだけの手作りお守りを作ってみてください。

ABOUT ME
さおり
大学卒業後小学校教員、特別支援学校教員を務め退職。
半年間フィジー留学。
帰国後スクールでプログラミングを学び、IT企業へ転職。
現在はフリーランス。
記事URLをコピーしました