学習・雑記

集団塾の塾講師アルバイトの体験談 仕事内容、メリット、大変なことは?

私は大学4年間、集団塾の塾講師アルバイトをしていました。

集団塾の塾講師アルバイトをとおして様々なスキルや経験を得ることができたので、その体験談をお伝えします。

塾講師ってどんな仕事をするの?
集団塾の塾講師をやるメリットや大変なことは?

そんな疑問にもお答えします。

集団塾の塾講師アルバイトの仕事内容

私は小学3年生~中学3年生を対象にした集団塾の塾講師アルバイトをしていました。

主に算数・数学を教えていましたが、時期によっては他の教科も担当することもありました。

私が勤めていた集団塾の塾講師アルバイトの主な仕事内容は以下のとおりです。

・生徒の出迎え、見送り

・授業

・質問対応

・保護者連絡

・電話対応

・試験監督

・担当の生徒のカウンセリング

・生徒へパンフレット配布の依頼

・講習生への継続案内

担当教科は、自分の得意教科を選べます。数学と英語はコマ数が多いので需要がありますよ。

塾講師は、授業以外にも、担当の生徒の志望校についてのカウンセリング保護者との電話連絡、定期的に行われる模擬試験の試験監督といった仕事もあります。

また、新規入塾生を増やすために、パンフレット配布をお願いしたり、夏期講習だけ来ている生徒や保護者に継続の案内をしたりといった営業的なことも行っていました

集団塾の塾講師アルバイトをやるメリット

メリットはたくさんあります。私が感じたメリットは以下のとおりです。

・人前で話す力がつく。(内容・目線・声の出し方・間の取り方)

・担当教科の知識が深まる。

・板書が上手になる。

・子ども達と上手に関われるようになる。

・頑張っている子ども達をみて、モチベーションが上がる。

・地域の受験情報に詳しくなる。

・電話対応に慣れる。

・他のアルバイトより短時間で稼げる。

・教員を目指す人は、教員採用試験の模擬授業の練習になり、実際に教員になった時に経験が役に立つ。

集団塾の塾講師は、大勢の生徒の前に立ち授業をするので、人前に立つ度胸がつきます

説明している途中で生徒から質問があったり、理解していない生徒が多かったりすると、その都度説明の仕方を変えて試行錯誤するので、わかりやすく伝える力が身につきますよ。

授業の前に家で予習をしますが、自分で問題を解いたり調べたりするので、担当教科の知識を深められ、とても勉強になります

さらに塾講師は時給が高いので、短時間でたくさん稼げます。自分の知識や経験を広げながらたくさん稼げるのでうれしいですよね。

ちなみに個別指導の塾講師より集団塾の塾講師の方が時給が高いです。

集団塾だと時給2,000円~2,500円くらいで、成果に応じて時給がアップするところがほとんどです。

夏期講習は担当するコマ数、勤務日数が増えるので、月18万円くらいになっていました。

塾講師は何より、生徒とのかかわりが楽しく、こちらが刺激をもらうことがたくさんあります

自分が教えた生徒が、成績が上がったり、志望校に合格したりすると本当にうれしく、やりがいを感じます。保護者とも一緒に喜びあえるのもうれしいです。

小中学生の成長をサポートする塾講師の仕事はとてもやりがいのある仕事なので、多くの人に経験してほしいなと思います。

塾講師のアルバイトを経験することで、社会に出て必要な力を身につけられ、成長できますよ♪

集団塾の塾講師アルバイトの大変なところ

集団塾の塾講師アルバイトは時給が高い分、大変な面もあります。

・立ちっぱなしのことが多く、足が疲れる。むくむ。

・上位クラスの授業の予習が難しくて大変。

・みんなに授業を聞いてもらえるような工夫が必要。

・素直に話を聞かない生徒への対応が大変。

・夏休みや冬休みがかなりつぶれる。

授業をして、休み時間は立って質問対応をして…という感じで、とにかく立ちっぱなしのことが多く、足が疲れます。スーツを着ているので、なんとなく全身も疲れます。

集団塾は習熟度別にいくつかのクラスに分かれています。

上位クラスのテキストの内容は、難関私立高校の入試問題に対応した内容になっているので、難しい問題が多く、かなり丁寧に予習をしなければ授業ができません。

自分自身の理解、板書計画も含めて、予習にはかなりの時間を使います

小学生の中学入試を見据えたクラスの授業の予習も大変です。

中学入試の問題は独特で、中学入試を経験していない私は、解いたことのない問題が多く、とても苦労しました。

上位クラスの授業は、予習は大変ですが、生徒達のやる気があり、理解力も高いので、授業は進めやすいです。

みんな確実についてきてくれるという感じです。

逆に下のクラスの場合は、予習はすぐに終わりますが、授業はみんなが真剣に聞いてくれるわけではないので、説明の仕方や声かけの工夫が必要で難しいです。

勉強が嫌いな生徒、素直に話を聞かない生徒への対応を考えながら授業を進めなければいけないので、とても大変です。

また、夏期講習や冬期講習は、たくさん授業を受け持つことになります。朝から夜までびっしり授業が入っていることもあり、すっごく疲れます。

毎日授業があるので、予習を間に合わせるのも大変で、夏休みと冬休みはゆっくりできず、普段より忙しくなります

働くことの大変さを実感。

塾講師になるまで

実際に生徒の前に立つまでの流れはこんな感じです。

  1. 応募
  2. 面接、テスト
  3. 研修
  4. 校舎配属
  5. 授業デビュー

塾講師に興味がある方は、自分に合った採用条件や試験内容をギガバイト等のサイトで調べてみてください♬

\塾講師のアルバイト探しはこちらから/

ギガバイト

人によっては個別指導の塾講師の方が条件に合っていてやりやすいこともあるかもしれないので、比較してみてください。

おわりに

集団塾の塾講師のアルバイトを大学生時代4年間やって、本当にいい経験ができました。

1年目は授業で上手く説明できなかったり、思ったように生徒がついてきてくれなかったりして苦労しましたが、経験を積むごとに上手く授業を進められるようになり、楽しくなりました

予習も大変でしたが、大学の空きコマでやったり、つまらない授業の時に内職でやったりしながら、乗り越えました(笑)

2年目、3年目になると同じ授業をすることもあるので、だいぶ余裕が出てきました。

私は大学卒業後教員になりましたが、塾講師をやっていたおかげで、学校現場に出てすぐでも、緊張せずにスムーズに授業を進めたり、板書をしたりすることができました。

また、教員になると民間企業を経験しないので、大学時代に塾で他社や他校舎との競争、自分自身の数値的な評価といった民間ならではの競争の意識をもち、経営にふれられたのもよかったです。

塾で出会った生徒達は、私の宝物です。

塾講師は、生徒たちと一緒に自分自身も成長できるので、本当におすすめの仕事です。

仕事を探している方は、ぜひ塾講師のアルバイトをやってみてください。

\塾講師のアルバイト探しはこちらから/

ギガバイト